Test Execution 日本と同基準の難関検定に合格したテスターが、圧倒的な精度・生産性でソフトウェアテストを実行

What Can We Help With? このような課題を解決します

開発者がテスト実行を兼務しており、モチベーションや生産性が低下している

テストのリソースが不足しており、十分にテストを行うことができていない

開発とテストを分業し、エンジニアが開発に専念できる環境を作りたい

テスト実行のノウハウが不足しており、担当者によって進捗や品質にばらつきがある

テスト実行の管理が煩雑で、テスト期間が予定以上に伸びてしまうことが多い

多端末テスト(多端末検証)をしたいが、端末の選定や調達が難しい

Our Test Execution SHIFT ASIAのテスト実行

  • テストに特化した専門テスターにより圧倒的な精度と生産性を実現

    SHIFT ASIAでは、SHIFTの難関検定(合格率6%)に合格した人材のみを採用。
    テストの適性が高く、かつテスト経験が豊富なテストエンジニアにより、テスト実行における圧倒的な精度と生産性を実現します。
    SHIFT ASIAの参画によりソフトウェアの開発とテストを分業することで、開発エンジニアが開発に専念できる環境と、コスト・スピードに優れたソフトウェアテスト体制を構築することが可能です。

  • 柔軟かつスケーラブルな体制と幅広いテスト実行サービスを提供

    SHIFT ASIAでは1名~数十名規模のプロジェクトまで、規模に応じて柔軟にチームを組成することが可能です。一刻を争うようなお急ぎの案件に対しても、最短2営業日以内でテスト体制を構築し迅速なご支援を実現します。
    また設計したテストケースをベースにソフトウェアテストを行うことはもちろん、短期間・低コストでの品質向上につながるアドホックテスト(モンキーテスト)や探索的テストの対応も可能です。

  • 独自のテスト管理ツール「CAT」により、テスト進捗をリアルタイムに徹底管理

    SHIFTの豊富なテスト管理経験から生まれたソフトウェアテストプラットフォーム「CAT」により、テスト進捗をリアルタイムに可視化。
    テスト担当者およびテスト対象ごとに時間単位でテストの実行や障害の状況を管理できるため、詳細な進捗度合いや品質レベルを常に把握することができます。
    また「CAT」はクラウドサービスとして提供されるため、リモートやオフショアといった環境でも場所に関わらず効率的なテストプロジェクトの管理・推進が可能となります。

  • テスト端末の選定・調達からテストの実行まで、多端末テストを総合的に支援

    ユーザーの利用環境が多様化するなかで、複数の端末・OS・ブラウザを組み合わせた多端末テスト(多端末検証)の重要性が高まっています。
    しかしお客様自身でテスト端末を選定・調達し、端末やOS、ブラウザを効果的に組み合わせてテストを行うことは困難です。
    SHIFT ASIAでは多端末テストのナレッジと、豊富なPC・スマートフォン・タブレットのテスト端末を取り揃えていることから、プロジェクトに応じて最適な端末や環境を組み合わせ、網羅性の高いソフトウェアテストを実施することが可能です。

Our Differentiators 4つの特長

日本と同基準の難関検定に合格した
テストエンジニアがソフトウェアテストを実行

効果的なテスト実行には、高い精度とスピードが求められます。
SHIFT ASIAでは、SHIFTで実施されている合格率6%の「CAT検定」に合格したテストエンジニアのみを採用。
あらかじめテスト適性がある人材を選りすぐり、標準化されたテスト実行メソッドを適用することで圧倒的な精度と生産性を実現しています。

テストリソースをプロジェクトに合わせて最適化

SHIFT ASIAならプロジェクトの規模や状況に応じて、テストリソースを柔軟に調整することが可能です。
お客様のニーズに合わせて最小1名・最短1日という規模から数十名といった規模まで、必要なタイミングで必要なだけリソースをご提供。
無駄のないリーンなテスト体制を構築します。

新旧の多種多様なテスト端末を確保

SHIFT ASIAでは最新機種から旧機種まで、多数のPC・スマートフォン・タブレットのテスト端末を確保しています。
OSに関しても最新バージョンはもちろん、古いバージョンでのテストを実施することも可能です。
また特殊なテスト端末に関しても、お客様から送付をいただいたり弊社で購入をする形で調達することが可能です。
テスト端末に関する詳細はお問い合わせください。

テスト実行を分業し、
開発エンジニアが開発に集中できる環境を実現

SHIFT ASIAのテスト専門エンジニアがテストを実行することで、開発エンジニアが本来取り組むべきソフトウェア開発に専念できる環境を実現します。
開発エンジニアがテスト実行を兼務することで懸念されるモチベーションやテスト品質・生産性の低下を防ぎ、ソフトウェアの開発・テスト全体の品質向上に寄与します。