よく耳にするTaaSとは何?

よく耳にするTaaSとは何?

TaaSサービスとは?

テック系のブログなどでたまに見かけるTaaSという用語。
SaaSに対して、TaaSとは(Testing As A Service)の略で、サービスとしてテストを行うビジネスに関して使われる。品質保証や自動化テストへの需要が高まるIT業界で、さらに注目度があがる用語であると思われる。

本質的には、アウトソースのモデルであり、サービスプロバイダーがソフトウェア開発を行う企業の従業員に代わって、テスト検証作業を行うことを指す。近年、既存のテスト手法や環境と比べ、TaaSの価値が世に知れ渡りつつある。

その理由の一部として、大企業から中小企業まで問わず、エンジニアコストの上昇に悩んでいることがあげられる。それに加え、セキュリティ対策の需要や、市場に溢れるテクノロジーまた手法が多くある中で見極め難しいことがあるよう。これによって、品質を担保するためのテスト工程が非常に複雑化し、正しい手法を用いて、チームスケール・適正なコスト・正確さ・高いパフォーマンスを担保することへのハードルがあがり、結果として企業規模を問わず専門企業に依頼するケースが増えている。専門企業というのは、テスト設計・実行・自動化に特化したエキスパートを抱える企業のこと。

・TaaS (サービスとしてのテスト)には何が含まれる?・

ユニットテスト
レグレッションテスト
アクセプタンステスト
ロードテスト

それぞれのサービスプロバイダーの技量やテストカバレッジによって変動するが、上記含む、多くの種類のテストがある。いくつかの会社は一部にだけフォーカスするが、SHIFTのようなテスト大手では、上流から下流工程まで網羅していることが多い。


・TaaSを利用するとい何がいい?・

並べるとリストは長くなるが、
テスト網羅性、コスト削減、リソース確保しやすさからのスケール、専門性、可視化された投資や作業計画、短時間でのテスト実行など


結論:

テストサービスは、通常クラウドベースでの提供が多い。
そのため利用の仕方はフレキシブルで、社内で抱えている課題の解決策として中小~大企業すべてに活用シーンがある。その場その場の案件から、コンサルを含む長期案件まで、計算された労力に対して対価を払うので無駄がない。

結果として、より高いROI、非属人的プロセスと効率化が図れる。TaaSはプロダクトマネジメントの課題や痛みを取り除く、特効薬として重宝され、試す価値のあるトレンドだといえる。

記事一覧へ