よく耳にするTaaSとは何?

よく耳にするTaaSとは何?

TaaS(Testing As A Service)とは?

テック系のブログなどでたまに見かけるTaaSという用語について紹介します。

SaaS(Software As A Service)という用語は今では一般的に使用されるようになってきていますが、TaaSとは「Testing As A Service」の略であり、「サービスとしてテストを行う」ビジネスやプラットフォーム、考え方のことを指します。
品質保証や自動化テストへの需要が高まるIT業界において、今後さらに注目度が上がる用語であるといわれています。

本質的には1つのアウトソースのモデルであり、サービスプロバイダーがソフトウェア開発を行う企業の従業員に代わって、テスト検証作業を行うことを指します。
近年、既存のテスト手法や方法論が変わりつつある中で、TaaSの考え方やその価値が広く認知されるようになってきています。

その理由の1つとして、大企業から中小企業、ベンチャー企業まで、その規模に関わらず、エンジニアコストの上昇に頭を悩ましているということがあげられます。
さらにはセキュリティ対策の必要性の高まりや、市場に溢れるテクノロジーや手法が多く存在する中で、その対応や活用の見極めが難しいこともその一因でしょう。

こういった理由によって品質を担保するためのテスト工程が非常に複雑化し、正しい手法を用いて、チームスケール・適正なコスト・正確さ・高いパフォーマンスを担保することへのハードルがあがり、結果として企業規模を問わず専門企業に依頼するケースが増えているという状況にあります。
ここでの専門企業というのは、テスト設計・実行・自動化に特化したエキスパートを抱える企業のことを指します。

TaaS (サービスとしてのテスト)には何が含まれる?

・ユニットテスト(単体テスト)
・インテグレーションテスト(結合テスト)
・システムテスト(総合テスト)
・アクセプタンステスト(受け入れテスト)
・リグレッションテスト(回帰テスト)
・ロードテスト(負荷テスト)
・テストオートメーション(自動テスト)
・ペネトレーションテスト(侵入テスト) など

それぞれのサービスプロバイダーの技量やテストカバレッジによって変動するものの、上記のような多くの種類のテストがTaaSとして提供されています。

特定の業界や領域にフォーカスしたサービスを提供しているプロバイダーもあれば、SHIFTのように上流工程から下流工程まで、機能・非機能を含め全体的に網羅したテストサービスを提供しているプロバイダーもあります。
一般的には、規模が大きい企業ほど網羅的なサービスを提供していることが多いといえます。

TaaSを利用するメリット

TaaSを利用するメリットについては様々ありますが、主なメリットとしては以下のようなものがあります。

・高いテストの網羅性
・高い生産性による短期間でのテスト設計、実行
・コスト削減
・リソース確保の容易さ
・規模に合わせたスケールの容易さ
・可視化された投資や作業計画
・コア業務に集中できる環境の獲得 など

いずれもテストに特化した高度な専門性と、分業によるリソースの効率的な活用が背景となっており、テスト独自のノウハウや体制が社内に不十分である場合は非常に大きなメリットを享受することが可能です。

結論

テストサービスは、通常クラウドベースで提供されるケースが一般的です。
そのため利用の仕方はフレキシブルで、社内で抱えている課題の解決策として中小~大企業すべてに活用シーンがあります。
短期的な案件から、コンサルティングや保守運用までを含む長期案件まで、計画された労力に対して対価を支払うことから無駄が生じにくいというのもポイントです。

結果としてより高いROI(投下資本利益率・費用対効果)や、非属人的なプロセス、そして分業による全体の効率化が期待できます。TaaSはプロダクトマネジメントの課題や痛みを取り除く有効なソリューションとして重宝されており、今後さらに利用の価値が高まるトレンドの1つといえるでしょう。

記事一覧へ