Test Design テスト手法を科学した「SHIFTメソッド」をベースに、高品質なテストを設計

What Can We Help With? このような課題を解決します

テスト設計が標準化されておらず、担当者によってテスト仕様書の品質にばらつきがある

テストの技法や粒度がテスト仕様書ごとに異なり、項目や因子水準に漏れや誤りが発生する

テスト自体の品質に課題があり、テスト済みの範囲で後工程やリリース後にバグが見つかる

テスト内容が不十分なことに起因して、プロジェクトの予算やスケジュールが圧迫される

テストに業界特有の知識やノウハウが必要なことから、外注するのをためらっている

Our Test Design SHIFT ASIAのテスト設計

  • 標準化されたSHIFTメソッドを活用し高品質なテスト設計を実現

    要件定義書や基本・詳細設計書、業務フロー、テスト環境などのインプットを元に、対象及び目的に適したテスト観点の洗い出しから、テストケースの作成までを行います。
    SHIFTグループで蓄積された2000万ケース以上のデータをもとに作成された900項目の「標準確認項目」を活用し、適切なテスト観点を設定。SHIFTと同様のテスト設計検定に合格した専門のテストエンジニアにより、SHIFTメソッドに基づいた手法・プロセスを通じテスト内容を細分化・可視化します。
    テスト対象ごとに観点と詳細なテストパターンを組み合わせ、効果的かつ網羅的なテスト設計を実現します。

  • 高い価格競争力を背景に、予算に合わせた最適なテストをご提案

    ベトナムに拠点を構える利点と標準化されたグループノウハウを生かし、高い価格競争力・優秀なテストエンジニアリソース・SHIFTメソッドの掛け合わせによるコストパフォーマンスに優れたテスト設計が可能です。
    対象の業界やサービスに精通したテスト専門の品質保証エンジニアにより、担保したい品質とコストのバランスを調整しながら効率的にテストを設計。
    お客様の目的や予算・スケジュールに合わせて必要なテスト内容を選定し、最適なテストプランをご提案いたします。

Our Differentiators 3つの特長

必要な部分に必要なだけ。
SHIFTメソッドで効率的なテストを実現

独自のテスト設計手法「SHIFTメソッド」を活用し、テストすべき対象の特定と、対象に合わせたテスト技法やパターンを割り出し。
重要性や過去の不具合データをベースに範囲・深度を適切にコントロールしてテストを設計することで、効果的なテストを効率的に実現します。

一貫したテスト設計手法により、
スムーズなテスト実施・不具合分析が可能

グループとして10年以上にわたるテスト設計の経験をもとに、どんな業界・業種にも対応できる汎用性の高いテスト設計手法を確立しました。
設計品質が安定することに加え、共通の形式で作成されたテスト仕様書により、スピーディーなテスト実行を実現します。
また900項目の「標準確認項目」を共通で活用していることから、不具合の分析も容易に行うことが可能です。

テスト設計の分業により、
テストと開発の品質を同時に向上

SHIFT ASIAの品質保証エンジニアがテスト設計を担当することにより、テスト品質の向上はもちろんのこと、自社のエンジニアが開発に集中できる状態となり開発の品質や生産性の向上も期待できます。
またテスト設計の過程において仕様自体の矛盾や抜け漏れを検出し、早期の不具合改善につながるケースもあります。