Test Plan プロジェクトの規模や内容に最適化したテスト計画を策定

What Can We Help With? このような課題を解決します

テスト計画の立て方がわからず、場当たり的なテストになってしまっている

テスト設計・実行工程で混乱や手戻りが多く発生し、スケジュールやコストが超過しがち

テスト計画が曖昧で、本当にテストすべき内容を十分に検証できないことがある

プロジェクトの規模や内容に適したテスト計画にまで至っていない

Our Test Plan SHIFT ASIAのテスト計画

  • テストの目的を明らかにし、目的達成にフォーカスした指針を策定

    実施するソフトウェアテストの目的が曖昧な場合、テスト計画全体が曖昧なものとなり、結果的に重要な部分に対するテストが不十分だったり、テスト内容に抜け漏れが発生する原因となります。
    SHIFT ASIAではテスト計画において対象のシステム及びプロジェクトを分析し、テストの目的を明確化。
    その上で予算等の前提・制約条件を鑑みつつ、目的達成のために「何を」「いつ」「誰が」「どのように」「どのくらい」テストをするか、プロジェクトごとに方針を策定します。

  • プロジェクトに応じたテスト計画で費用やスケジュール超過を抑止

    プロジェクトの規模や内容、対象システムのカテゴリなどにより、行うべきテストは大きく異なります。
    またプロジェクトごとにリソースやスケジュールなど様々な前提・制約条件が存在することから、ソフトウェアテストを効果的かつ効率よく進めるためには各々のプロジェクトに応じたテスト計画が必要です。
    SHIFT ASIAでは、プロジェクトの特性に応じた適切なテスト計画を立案することで、テスト設計・実行など後の工程で生じがちな混乱や手戻りを防止。
    テストにおける費用やスケジュールの超過を抑止することが可能です。

Our Differentiators 3つの特長

真の課題発見と、
最適なテスト計画立案のための詳細なヒヤリング

往々にして、最初のご相談時にお客様が認識されている課題と真の課題が異なるケースがございます。
SHIFT ASIAでは品質保証における豊富な経験をもつコンサルタントがお客様に詳細なヒヤリングをさせて頂き、真の課題と本当に必要とされるソフトウェアテストを見極めてご提案いたします。

テスト計画からテスト設計・実行・自動化まで
総合的にご支援

SHIFT ASIAではテスト計画の策定だけでなく、テスト設計・実行・自動化まで一気通貫で総合的なソフトウェアテストのご支援が可能です。ゆえにテスト全体を見据えた上で、効率的にテストを行うための計画策定を得意としています。
また設計・実行したテストを自動化することで、運用フェーズでの効率化をはかることも可能です。

上流工程からテスト計画に参画し、
プロジェクト全体を見据えた計画を立案

SHIFT ASIAでは、要件定義工程などの上流工程からプロジェクトに参画し、プロジェクトの全体最適化を見据えたテスト計画の立案が可能です。
上流工程から参画することで設計段階からテスト計画を実施し、仕様書に関するインスペクション等により実装前に仕様バグをつぶすなど、手戻りの少ない効果的な品質保証を実現します。
またPMOの知見を活かし、プロジェクトのスムーズな運営までを考慮したテスト計画を行います。