標準化セキュリティ診断とその観点

標準化セキュリティ診断とその観点

標準化されたセキュリティテストとサービスの魅力

セキュリティについて考えます。

デザインやUI,ハイクオリティなコンテンツ、ブラウズしやすいUX、それらはすべて重要です。しかし、機密データが流出し、利用者の安全が担保されていなければ、表面のプレゼンテーションは無駄になってしまいます。

よくあるセキュリティリスクは、トラフィックがハッキングされたり、クリックがマルウェアリダイレクトされたり、個人情報の盗用などが挙げられます。

データ中心の時代では、様々なデジタル商品を提供する企業にとって、データ保守が最優先タスクです。
そのため、ソフトウェアがデータを保守し、必要な情報を維持、あり得る危険や攻撃を特定するために、企業はセキュリティ診断を随時行わなくてはなりません。

しかし、クライアントとの相談を通し私たちが学んだことは、多くの場合、それらのセキュリティレポートは業界水準やベストプラクティスを満たしていないということ。それに加え、毎クオーターごとにセキュリティテストを引き受けるベンダーは予約が埋まり、突然のニーズに対し融通が利かないことも。

その状況を受け、SHIFTグループはセキュリティテストのサービスを、すでに提供していたワンストップ品質保証ソリューションの一部として、提供し始めました。もちろんMASVS, CIS ベンチマークなど商材に応じ業界基準やコンプライアンスを満たしているかまで判断します。

SHIFT ASIAにおけるセキュリティテストの6つの原則:
機密性、完全性、認証、承認、可用性、否認防止

テスト例:
• ネットワークセキュリティ
• システムソフトウェアセキュリティ
• クライアントサイド アプリケーションセキュリティ
• サーバーサイド アプリケーションセキュリティ

テストタイプ:
- 脆弱性診断
自動化ツールを使用し脆弱性パターンの照合と診断

- セキュリティスキャン
ネットワークやシステムの弱点を特定し、改善や防御策をコンサルティング

- ペネトレーションテスト
ハッカーやサイバーリスクを再現し、システムの脆弱性を診断とコンサルティング

- リスク診断
組織上のリスクを特定しクラス分けを行う。リスクを最小限にするインソーシング支援を行う

- セキュリティ監査
アプリケーションやオペレーションシステムの内部監査で、コードチェックが含まれる

- 倫理的ハッキング
悪意あるハッキングとは別に、組織上の課題などを露呈させます

- ポスチャー評価
セキュリティ スキャン、倫理的ハッキング、リスク評価を組み合わせて、組織の全体的なセキュリティ体制を提供します。

標準化されたプロセス、発注時の融通度、診断の先のコンサルティング、汎用性のあるレポートフォーマットを評価し、金融・銀行に限らず、多くのお客様に導入ご利用いただいています。

ご質問はコンタクトフォームよりお待ちしております。

記事一覧へ