SHIFT ASIA、「技術ブログ」始めました

SHIFT ASIA、「技術ブログ」始めました

こんにちは、SHIFT ASIAマーケティングのNORYです。

SHIFT ASIAでは2021年12月からエンジニア発の情報発信を強化するために新たに技術ブログ「SHIFT ASIA Dev Blog」を始めました。

とりあえず、はい、こちらです。どーん!

SHIFT ASIA Dev Blog

弊社の開発・テスト部門に所属するエンジニアがコーディング技術や開発ツール、方法論など、さまざまなテーマで執筆しています。

エンジニアが技術ブログを書く意味

ご存じのとおり、ソフトウェア業界で働くエンジニアの中には自分が関心のある領域をテーマにした技術ブログ(あるいはTech Blog)を書くことを通じ、技術情報を主体的に発信している方が少なくありません。特に常日頃から最新の業界動向や流行の技術にアンテナを張っている意識の高いエンジニアにとって、技術ブログを書くことはもはや一種のたしなみになっているとも言えるのではないでしょうか。

技術ブログを書くことの意義については一般的には以下のようなメリットがあると言われています。

1. 技術力をアピールできる

まず技術ブログでは、特定の技術を解説したり、実際に自分が書いたコードを紹介したりすることで、書き手であるエンジニア本人のスキルを広く対外的にアピールすることが可能です。

一個人としてブログを運営するケースに限らず、弊社のように会社として運営する場合では「うちの会社にはこんな技術を持ったエンジニアがたくさんいるんですよ」ということを文章を通して具体的に伝えることができます。これは、普段の営業や提案時に自社のエンジニアの能力を言葉で説明する以上の説得力を持ちえます。また、エンジニアが個人名義(弊社の場合は社内ニックネーム)で情報を発信することで、一人ひとりのエンジニアの顔がより見えるになるメリットもあります。

2. エンジニア本人のスキル向上につながる

次にエンジニア本人にとってもさまざまなメリットがあります。もちろん、エンジニアとして普段の業務をこなしながら個々のテーマでブログを執筆し続けるのは簡単ではありません。しかし、業務などを通じた習得した知識や技術を文章という形のアウトプットに落とし込む過程を通じ、エンジニア自身が該当のテーマに対してより客観的で、深い理解を得ることができます。

このほか、プロジェクトメンバー宛のメッセージや社内メールなどとは異なり、技術ブログは誰もがアクセスできるインターネット上で投稿するものです。このため特定のグループ向けに通用する文章と比べ、より正確性と客観性を担保した内容であることに加え、ロジカルな文章構成などが求められるため、ブログの執筆を通じて文章力を鍛えることも可能です。

3. エンジニアコミュニティに貢献できる

さらに、技術ブログには書き手であるエンジニア個人の経験、そこから得られた知見、ノウハウなどが詰まっています。その中には読者にとって役に立つ成功事例やノウハウだけでなく、過去に手痛い経験をした失敗事例なども含まれているかもしれません。

こうした等身大の情報を発信することにより、世界各地のエンジニアのコミュニティとつながることができるのも技術ブログのメリットとのひとつです。

また、同じ技術やテーマに関心を持つエンジニア同士がつながるという意味では、技術ブログは自社の採用活動にとってもプラスに作用することが多いと言えます。特にエンジニアの採用においては、給料や役職、福利厚生などの条件に加え、「自分が興味を持っている技術に詳しいエンジニアが社内にいるか」、「社内のエンジニアの技術的レベルが高いか」といった観点も大事なポイントです。

つまり、ソフトウェア開発における技術が絶えず進歩する中、新しい技術を継続的に学び続けることができる環境と仲間が存在することは優秀なエンジニアの採用を左右する要素になっていますが、技術ブログを通した情報発信は、こうした意識の高いエンジニアがたくさんいることをアピールする上でも有効なアプローチになり得ます。

SHIFT ASIAが技術ブログで目指すこと

SHIFT ASIA Dev Blogでは、弊社の開発部門とテスト部門に所属するエンジニア本人が日ごろから関心を持っているコーディング技術やツール、方法論などについてブログ記事を書くことで、SHIFT ASIAのエンジニアが取り組んでいる技術的チャレンジや取り組みを伝えていきます。

ベトナム・ホーチミン市を拠点にしているSHIFT ASIAでは、エンジニアの大半をベトナム人メンバーが占めています。弊社に限らず、ベトナムには若くて優秀で意欲的なエンジニアが数多く存在しますが、国や言語の壁などにより個々のエンジニアが持っている技術力やスキルなどをしっかり伝えきれていない面もあるのは事実です。

彼らの日々の技術的チャレンジが日本在住のお客様や同じエンジニアなどの同業の皆さんをはじめ、ベトナム国外にも伝わるよう、SHIFT ASIA Dev Blogでは英語または日本語で記事を執筆、公開しています。ベトナム人メンバーの多くは母国語ではない英語や日本語と格闘しながら記事を執筆しているため、時に読みづらかったり、理解しづらかったりする箇所などがあるかもしれませんが、どうぞ温かく見守っていただけると幸いです。